細雪(谷崎潤一郎)

細雪(ささめゆき)
谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)

1943年(昭和18年)

谷崎潤一郎の長編小説。

東京出身の谷崎潤一郎が全編を大阪弁の会話で書いた異色の作品。

当時の上級階級の生活や風俗が絵巻のように描かれている。

「細雪」の内容

大阪船場の古い名門商店である蒔岡家には、「鶴子」「幸子」「雪子」「妙子」の美人四姉妹がいた。

長女「鶴子」は、銀行員を婿に迎える。

次女「幸子」は、貞之助を婿に迎え、分家して芦屋に住んでいる。

三女「雪子」は、周囲の勧めで何度も見合いをするが、内気な性格のため30歳をすぎても独身のまま。

四女「妙子」は、活発な性格で、かつては好きな男性と駆け落ちしたことも。

4人の美人四姉妹を通して、戦前の大阪の上流家庭の暮らしぶり、考え方、生活の雰囲気が余すところなく伝わってくる名作。


水泳指導員 水泳指導員の資格試験情報

ルンバ レンタル