三四郎(夏目漱石)

三四郎(さんしろう)
夏目漱石(なつめそうせき)

1908年(明治41年)

夏目漱石の長編小説。

「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載。

「三四郎」は「それから(1909年)」「門(1910年)」へと続く、夏目漱石の前期三部作の一つ。

日本で最初の教養小説(主人公の精神的、心理的、または社会的な発展や精神形成を描く小説)とも言われている。

「三四郎」の内容

熊本県の高等学校を卒業した主人公・小川三四郎(おがわさんしろう)は、東京大学に入学するために汽車で上京する。

東京では理学者や同級生、英語教師と親交を深めながら、新しい世界への期待と不安を感じる。

そして、三四郎は自由気ままな都会の女性・里見美禰子(さとみみねこ)に惹かれるが、好意を打ち明けることができず、振り回されるばかり。

そして、美禰子はけっこんして自分の前から消えていってしまった。

田舎から都会へ上京してきた青年の戸惑いと恋愛の不安を描いた名作文学。

作中で三四郎と美禰子が出会った東京大学の心字池(育徳園心字池)は、本作品の影響から「三四郎池」と呼ばれるようになった。